top of page
  • Takahiro

新年のご挨拶とドローンの導入

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。


さて、コロナ流行やウクライナ地域の問題を契機に、木材をはじめとした資材価格の高騰など、建築業界にとっても今年は厳しい年となりそうですが、地域の職人の方々、お客様とのコミュニケーションを大事にして、心に残るような建築を手掛けていきたいと思います。


人手不足が叫ばれる昨今ですが、そのような問題を解消するための技術として近年ドローンを使った空撮や、測量、建物点検などの技術が確立されつつあります。弊社としても今年からの新しい事業として、ドローンを使った建物の外観調査や空撮を行う予定です。

従来では建物廻りに足場をかけて打診調査などを行っており、調査期間も金額も大きなものとなってましたが、ドローン調査ではそのような問題が解決できます。その中でも赤外線カメラを搭載したドローンは、建物の外壁や屋上の劣化状況などが迅速に確認できるというメリットがあります。


弊社が昨年末に導入したDJI MAVIC3 Thermalも赤外線カメラを搭載しています。

今後は、ドローンの飛行許可申請の取得と実際の建物をモデルとした実証実験を行い、運用方法の検討を行う予定です。


今年も従業員共々、よろしくお願い致します。



Comments


bottom of page