|ZEH目標資料及び実績報告 |

〇 ZEHとは

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」とは、住まいの年間「一次エネルギー消費※」を「省エネ&創エネ効果」を組み合わせておおむね“ゼロ”になる住まいのこと。温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境にやさしい暮らしをめざし、政府では2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。

 

 

〇 ZEHの定義

以下のすべてに適合した住宅をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と言います
1. 平成25年・省エネルギー基準を満たした上で、各地域ごとに設定された基準以上のUA値となる高い断熱気密性能をもつこと
2. エネルギー消費量を設定されている基準エネルギー消費量から20%以上削減すること
3. 再生可能エネルギー(一般的には太陽光発電)の導入
4. 再生可能エネルギーが消費エネルギーを上回ること

 

〇 ZEHビルダーとは

2020年までに受注する住宅の50%以上をZEHとする目標を揚げる住宅事業者で、
一般社団法人環境共創イニシアチブに登録したもの。
登録後、目標達成状況などを報告する必要があります。

 

〇 ZEH普及目標と実績報告

2018年度実績報告及び年度毎の普及率目標数値について公表いたします。

 

    2016年 2017年 2018年 2019年 2020年  
ZEH (目標) 10%  15%  25%  35% 50%   
(実績) 0% 0% 0%      
NearlyZEH (目標) 0% 0%   0% 0% 0%   
(実績) 0% 0% 0%      
その他 (目標) 90%  85% 75%  65% 50%  
(実績) 100% 100% 100%